なかなかナイス

予定通り朝からセミナーに行ってきました。
最近早起きしてなかったもんだから起きるのきつかったぁ(>_<)

9:30 御茶ノ水駅到着
通勤ラッシュの中、電車で奇跡的に座れたので終点東京まで大爆睡!!
お陰で一瞬で着きました(笑)

9:45 会場に到着
早いねって言われたけど、15分前とか普通じゃないのか?
今日の場合なんかはテーブルあたりの人数が少人数で、
席が早いもん順だったから良かった!



パンフレットに内定者・新入社員のプロフィールが載っていて、
その中から話を聞いてみたい人を探してその人のテーブルに座るっていう仕組み。

1. まずは体育会に入っていた内定者のテーブルへ。

早稲田の準硬式野球部でレギュラーだったらしい。

・ 知的体育会を目指せ
・ 部活も犠牲にしないで頑張る
・ 面接の日程などずらしてもらうのも必要

<面接>
・ 原稿を暗記して話すのは無理、棒読みになってしまう
・ ざっくばらんに
・ 単刀直入具体的
・ 答えの引き出しをたくさん用意
・ お決まりの質問に誘導させる

<業界情報>
・ 商社の筆記試験はバリ難(帰国子女多し)
・ M井物産の英語はTOEIC風
・ 金融はSPI(国・数)中心、問題はほとんど一緒
・ ANA・JALはカチカチに礼儀を重んじる(金融はそうでもない)

2. 次は新入社員のテーブルへ。

やっぱ実際に働いてる人にしかわからないことが多いし。
どうでもいいけどバスケの「田臥勇太」にそっくりだった!
おとなしそうに見えてかなりはっちゃけた人だった。

・ 会社のニーズにがっちり合致すれば内定はもらえる
・ 「勝ちパターン」を確立させる
・ OB訪問で他己分析をしてもらう
・ OB訪問で面接の練習
・ 就活に関係ないことでも頑張ってみる(願掛け)
・ 一つのキーワードをしつこいくらいに使うと印象に残って有利
・ キーワードはありきたりな表現ではなくて抽象的に(オブラート)

<面接>
・ 論理的に話す
・ 話のフローチャートを作っておく
・ 視覚情報で70%は印象が決まる
・ 両目で相手の片目を見ながら話す(圧迫感がなくなる)
・ 朝一番の面接が吉!(さわやかだから)
「おはようございます」は“魔法の言葉”

<会社>
・ 研修は半年(楽でおいしい)
・ リアルタイムに世の中がわかるおもしろさ

とりあえずタメになったことを箇条書きにしてみました。
書くと残るし、またいつか見直す日が来るでしょう。
今後もセミナーやOB訪問の度にここに記しておこうと思います。

損害保険は全く興味なかったんだけど、
それはただ知らなかったからでした。
会社や社員の雰囲気はいい感じだったし、
面接官も優しいらしいので(そこ?)なかなかナイスな印象ですね。
今月中は色んな業界の企業のセミナーに片っ端から参加してみて、
魅力を感じられるような自分にあった業界を見つけたいと思います。
[PR]
by sha_ka_ri_ki | 2005-11-01 23:50 | ? 就活


<< 1限 久々に忙しい1日な予感? >>