Hello Again

昨日のこと。

何ともいえないしんみり感をかもしだしつつ、試合開始。
相手が強いからか緊張してるからなのか、リズムに乗れない。

ボロボロに負けたっていい、力を出し切ってくれれば。
4年生の意地が見たい。

そんな想いで応援したけれど、リズムをつかめないまま完敗。
僕ら以上に4年生は悔しかったと思う。

この試合をもって4年生は引退。
大学に戻って3年生でミーティング。
内容は送別会の出し物の練習と主将・副将決め。

みんなでこれからのことを話し合っているとワクワクした。
大変なことだらけだろうけど、みんなで協力すればやっていける気がした。

僕らは確実にチームになっていると思う。
一人ひとり個性が豊かだからまとまらないこともある。
でもみんながその個性を尊重できるようになった。

チームリーダーは肩書では一人だけど、
みんなでチームをまとめていこう!



続きです。

そしていよいよ送別会。

僕が1年生のまだ部に溶け込めてない頃から優しくしてくれたYさんの隣だった。
この人にはすごい助けられた。
下手くそな自分に肩をポンと叩いて冷静なアドバイスをくれた。

最後に4年生が前に出て一人ずつ話したんだけど、
Yさんのときはありえないくらい泣いた。
普段は感情を表に出さないYさんが体を震わせながら泣いていた。
それで泣かないはずがない。

新幹線さんには謝られた。

「今までうるさく言ってすまなかった、
これからはそんなプレッシャーがなくなるから
のびのびとやってうまくなってくれよな。」
そんな話だった。

基本的に嫌な存在だったし、部活のストレスの原因の大半は彼だったから、
最後に何を言われようと過去は消えない。
でもそんな辛かった日々があったからこそ、成長した気もする。
愛すべき先輩ではないけれど、かなり感謝してます。

キャプテンからはキャプテンが引退して抜ける穴を埋めるのはお前だと言われた。
後輩に負けるなと言われた。
硬い握手を交わした。
素直にうれしかった。
期待に応えたいと思った。

ふんっ、負けてたまるか( ̄ー+ ̄)/
[PR]
by sha_ka_ri_ki | 2005-12-08 18:54 | ◎ バレーボール


<< 小学校の同窓会 今日も寒いですね >>