「ほっ」と。キャンペーン

気付かせたのは君

会ってきましたよ。

3時から練習だったんで、ちょ~余裕持って8時半に待ち合わせだったんですが、
練習が終わったのは7時くらい。
ギリギリでもないけど、全然余裕ないじゃん(>_<)
ま、練習は楽しかったからいいんだけどね。
今日のBチームは熱かった☆

ちょ~早く行こうと思ってたのに、なんだかんだで15分前到着。
にもかかわらず、既に居ました(-。-)ノ
なんて野郎だ・・・。

彼女は笑顔で、手もつないできた。

あれ?

お腹がすいていたのでメシを食いに行くことに。
もはや定番メニュー“担々麺”!!

この店で別れを告げられたらどうしよう。
もう一生担々麺がたべられなくなっちゃうじゃないか!
そんなのやだ!

なーんてビビリつつも完食!
ちなみにあまりのうまさに汁まで完飲!

幸い活気のある中華料理屋ではそういう話にはいたらず、
本題は次の場所にもちこ氏、じゃなくて持ち越し。

次なるビビリ会場はスタバ。
どうせダークで神妙な話になるなら、
道端でサッパリよりもそこそこムード満点な方がマシだろってことで。



まぁ、さっきから書いてる文のテンションでわかると思いますが、

大事には至りませんでした(^^)

今回は許してあげる、と。
でも悩むのが面倒になったとも言ってた。

確かにケンカってお互いに神経使うし、疲れるよね。
今回は一方的に僕が悪いので、彼女には本当に悪いことをしました。

OFFに計画していたのにドタキャンになった温泉旅行ですが、
もしかしたら行くかも☆

昨日まであんなに怒ってたのに、女心はよくわからん。
mogusuの言っていた通り、あいつは相当に俺のことが好きらしい。
なんて調子に乗るとまたやらかすので、気を引き締めたいと思います。

なにはともあれよかった!
結果として、気持ちの緩みを一瞬にして引き締めてくれたような、
とても喜べないけど自分にとってはプラスになった、そんなケンカでした。

ありがとう、これからもよろしく☆
[PR]
by sha_ka_ri_ki | 2006-09-04 01:30 | ☆ 恋愛


<< プチ・プチミ 待ってるから >>