「ほっ」と。キャンペーン

2007年、冬、小樽

朝起きて、カーテンを開けると・・・

一面の銀世界!!!

予報通りの暴風雪で、すごい天気でした。
傘をさすもほとんど効果なし!

っていうか向こうの人は雪でも傘なんかささないんですね。
傘がなきゃ大変じゃないかって僕も思いましたが、確かに必要ないんです。
一時的に雪まみれになるけど、気温が低いからそれが溶けることはない。
最後に払えばまったく問題ないんですね!
ま、とはいえ吹雪で顔に雪があたるのはかなり痛いですが・・・

朝はモスでまったりと。
モーニングメニューなるものがあって、
ハムエッグのデニッシュとクラムチャウダーのセット↓にしました☆
c0064237_2583419.jpg

朝食を済ませ、電車で小樽へ。
荷物が重いのでまずはホテルへ直行!
さすがHルトン!まだ午前中だったのにチェックインまでできました♪

身軽になって、おいしくて安いいくら丼を求めて再び電車に乗り込み、今度は余市へ!
余市はワインやウイスキーで有名なところです。
お目当ての「海鮮工房」というお店でお昼ごはん♪

ここのいくら丼、なんと680円!!!

激安!しかもうまい!
ちなみにホッケ定食は450円!!

小樽へ戻る電車が来るまでかなり時間があったので、
少しお店でだべった後、ホッケと毛蟹汁↓を追加!
c0064237_375865.jpg

この毛蟹汁、見ての通り毛蟹が1匹丸ごと入っていて609円!!
もう大満足の2時間でした!

小樽へ戻り、吹雪の中散歩を決行!
気温は一番暖かい真っ昼間にもかかわらず「-4℃」(>_<)

アーケードに避難して「ぱんじゅう」っていうお菓子を食べたり、
寿司屋通りを歩いたり、ガラス細工を見たり、運河に沿って歩いたり、
小樽ビールを飲んだり↓。
c0064237_3134261.jpg

小樽ビールの感想、
「あんまり美味しくないや」

特にフルーティーな味だという「ヴァイス」は、ハッキリ言ってまずい(>_<)
今調べたら「バナナのような風味」だって・・・そりゃまずいよ!
地ビールって個性的っていえば聞こえはいいけど、
結局は癖があるってことで、だいだいは飲みにくいことが多いです。

夕食はもちろん寿司!

ホテルの近くにある「魚一心」という回転寿司。
回転寿司でもあなどることなかれ!
トロサーモン、甘エビ、いくら、はまち、寒ブリ、小樽シャコ、アジ、生サバ、かつお、
地元のヒラメ、近海マグロ大トロなど、どれも新鮮で美味しい!
これで1人2000円弱!お得でしょ~?

昨日の倍はあろうかという広くてリッチなお部屋で優雅に就寝。
じゃらんをもってすればこんなお部屋も実質1泊3050円!
賢く泊まってどーんと食べる。これが僕の旅行スタイルです☆
[PR]
by sha_ka_ri_ki | 2007-03-12 23:59 | ☆ 恋愛


<< 2007年、冬、登別温泉 2007年、冬、札幌 >>